プレゼント・読書

【子育てのおススメ書籍】堀江貴文氏の言う「疑う力」がなくて「常識」のせいで疲れてるかも

みゆき
みゆき
こんにちは、みゆきです

独身のときには

仕事の中くらいしか「常識」を意識しませんが

結婚したり

家族ができたり

子どもができたりすると

行事などがあり「常識」が気になりますよね

わたし自身も

「常識」「マナー」をひたすら調べて

お祝いやその他の行事に対応したり

「これが常識やろう」なんてことで口喧嘩になってました

常識って何なのか

本質を見抜けないと

死ぬまで搾取され続けます

堀江貴文さんの本の一文です

 

常識=コミュニティが持っている共通認識くらい

社会人としての髪型は・・

バレンタインデーにチョコを渡し・・・

出産祝いを渡し・・・

職場の飲み会は強制参加で行われる・・・・

常識=正しいこと ではありません。

 

常識を作っているのはCM・テレビなど。

無意識でも影響がとても強いです

 

でも

ちょっと冷静になってみると

テレビや新聞社はお金になるかどうかが判断基準!

視聴率がとれるかが重要!

学校・資格試験はお金儲けの仕組み!

ですよね。

知識を増やして冷静になれば

常識を破壊できます

「それっておかしくない?」

「自分で調べてみる」

この流れが大切です

 

例えば

アマゾンの参入によって

物流が効率化されて

コストが落ちて、値段が安くなりました

 

そして個人でも流通を使える。

といった具合に社会の変化を知れます

 

疑う力を身に着けるためにどうしたらいいでしょう

それは

常に自分で考えることです。

 

マスメディア→利害関係

貯金信仰→政府の意図で始まったもの

資本主義社会→資本家が勝つ仕組み

「これで得をするのは誰だろう」

医療界に長くいると

なかなか気づけないかも・・

それは他の情報不足です

自分がもっている情報って

本当に少なくて

住んでいる環境や関わる人々や

同じ労働体型や学歴など

同じような経歴の集団、生活スタイルを持っています。

この中での情報は、「他の情報」ではなくて

「コミュニティの共通認識」です。

世界は広いのです

他の世界へ目を向けてみましょう

多くの情報を持つことで

常識に苦しまない人生にしていきましょう