小学生の親の悩み

【大分:眼科検診】学校の定期検診で子どもの視力低下があるとき、一度試したい医療用超音波治療アイパワー

みゆき
みゆき
こんにちは、みゆきです

 

小学生の眼科検診って、毎年ありますよね。

検診結果て何度もらっても、「大丈夫かな」ってドキドキです。

うちの子の場合は何度も「受診しましょう」ってもらってくるけど・・

眼科に連れて行くと「異常なし」とのこと。

今は大丈夫だけど、親の視力を考えるとだんだん視力低下もありえるかも。

子どもも家族も、そんな不安を抱えていませんか?

・スマホやパソコンやゲームで眼精疲労や疲れ目を感じる
・学校から眼科にいくように言われた
・老眼で見えにくくなってきた
・目が乾いてちょぼしょぼする

そんな方は、最後まで読んでみて下さいね。

小学校の眼科検診はどうやっているの?

小学校では、ランドルト環を使った視力検査をしています。

「C」の穴の開いた方向を言えたら正解。

うちの子の情報によると、自分の手でハンカチを使って片目を押さえる。そして、

先生の問いに指をさして答える方法らしい。

A~Dで判定されて、C・Dが付いた人は黒板に近い席になるそうです。

息子は「目を強く押さえすぎたかも・・」なんて言ってますが・・

B(0.9~0.7)以下の判定で眼科を薦められます

B以下の検診結果をもらったら、まず眼科に行きましょう。

メガネ購入前に眼科に行く理由

子ども用メガネの購入前に、眼科受診が必要である理由は2つあります。

まず1つめは、視力低下の理由を診断してもらうためです。眼科では点眼剤を使って正確な屈折状態を調べることで、近視や乱視、遠視の程度を判断します。さらに、目の病気がないかどうかも調べます。

2つめは、きちんと検眼して適切な度数を測定してもらうためです。メガネは、遠くがよく見えればよいというわけではありません。一人一人の生活環境や目の状態によって、適切な度数は変わります。

メガネが必要な視力の目安は0.7以下

学校の視力検査では、視力をABCDの4段階で評価します。

A・・・視力1.0以上
B・・・視力0.9〜0.7に相当
C・・・視力0.6〜0.3に相当
D・・・視力0.2以下

一般的に、メガネが必要なのは0.7以下とされています。しかし学校の視力検査はスクリーニングが目的であり、正確な視力は計測できません。

例えばB判定であっても、乱視や遠視があれば、実際はそれほど見えていない可能性もあります。また、目の病気が原因で視力が低下しているケースもあります

学校の視力検査でA以外の判定が出たときは、子どもが「ちゃんと見えているよ」と言っていても、一度眼科医に受診するのがおすすめです。

眼科で行う主な検査

眼科では視力検査の他に、眼圧や屈折を調べる検査があります。

主な検査内容
屈折検査:赤外光で屈折の度合いを測り、目の度数や形をおおまかに調べる。
眼圧検査:目の異常を知るために、目に空気をあてて眼圧を測る。
眼底検査:目の奥を見て、他の病気が隠れていないか検査する。瞳孔を広げるために目薬をさす場合もある。
視力検査:学校での検査より詳しく丁寧に視力を測定する。通常の視力検査の他に、文字や数字、赤や緑の背景に○印が書かれているものなどさまざまな種類がある。

これらの検査が終わり、メガネが必要だと判断されると処方箋を発行してくれます

近視・乱視の度数の他、瞳孔間距離なども書かれている処方箋の数値に合わせてメガネを作るため、大切に保管しましょう。

そうはいってもメガネ以外の方法はないのかな?って思ってしまいませんか?

だんだん普及してきたレーシックは18歳以上の治療

以前に比べると身近になってきたレーシックの治療ですが、基本は18歳以上が対象です。

近視・遠視や乱視を治療する屈折矯正手術は様々な種類があり、現在もっともポピュラーな屈折矯正手術がレーシック(LASIK)です。

レーシック(LASIK)とは、角膜にレーザー(エキシマレーザー)をあてて角膜のカーブを変え角膜の屈折力を調整することにより、近視・遠視や乱視を矯正する視力回復法です。

手術時間は両眼約10分程度で、手術時の痛みも少なく翌日には98%以上の人が1.0以上の視力に回復するという治療法で、 日本でも2000年に厚生労働省から認可がおりて以来、急速に普及して、1年間で約45万件のレーシック治療が行われています。

やや高額な治療ではありますが、将来的には検討したい治療ですね。


眼科用医療機器・超音波治療器アイパワーってどう?

超音波治療器『アイパワー』は眼科用の医療機器なのです。

5歳から85歳までの方の目のコリなどをほぐしてくれ、目の疲れをとってくれます

自宅でも簡単にでき、今日は右、翌日は左と、毎日10分まぶたに軽くあてるだけ。

1秒間に約2万4000回の超音波振動が目の深層部まで届き、優しくマッサージします。

毛様体のコリに作用し、ピント調整をサポート。

厚生労働省承認の医療機器ということで長年にわたって信頼されている機器なので、家族みんなで使えます。

自分の手で目の周りをマッサージしたり、ほっとアイマスクをしてみますが、なかなか目のチカチカがとれない・・・頭も痛くなってきた・・

そんなご家族が利用してみて、効果を実感することで、安心して子供にも利用できます!

 

目を酷使することが多いし、ブルーライトの影響もあるため眼精疲労度は高い状態が続いています。

目をメンテナンスしていく、そんな発想を持ちましょう。