遊び場・旅行

【大分:遊び場】九州で小学生が雪だるまを作れる別府鶴見ロープーウェイ山頂(2月)

みゆき
みゆき
こんにちは、みゆきです

2月になると雪のイメージ~かもしれませんが、

大分県では数年に1度しか市街で雪がちらつく程度。

子どもに雪を見せてあげたい!

そんな思いから、鶴見岳が白くなったタイミングを見計らって

別府ロープ―ウェイにのって山頂で「雪だるま」を作りに行きます。

このロープ―ウェイの良いところは、あっという間に銀世界にいけること。

(下)ロープ―ウェイの入り口には、雪は全然ないので、

車で山道を登っても、スタットレスにする必要もないので普段と同じでOK。

でも、大型ゴンドラで標高1300mまであがる途中から、雪がみえて大興奮!

鶴見岳にあがったらなにがある?

大型ゴンドラは1300mが到着地点なので、そこから頂上までは徒歩です

頂上は標高1375M。

舗装された階段を上がっていくのですが、雪道だと結構滑りますね

ちなみに、頂上まであがらなくても雪があることが多いです。

子どもが1歳のときは、抱っこしながら夫が登ってくれました(><)

2月に行ったのですが、この日はパウダースノーだったので「雪だるま」が上手く作れない(><)そんなこともあります。

子どもたちは、寒くても雪をかき集めたり、投げたり、踏み固めたりして

見慣れない雪を楽しんでいました。

山にはいろいろなルートがあり、登山をしている人もいるので、

いろいろなルートを通ることで、360度で大分の町や、他の山を見ることができます。

※ 子どもたちは七福神を一つ一つお参りして走り回っていました。

2月に鶴見岳に行くときの準備は?

地上はそれほどではなくても、寒いので防寒着が必需品です!

山を登るので実は脱ぎたくなるくらい暑くなるのですが・・・

やっぱり上下の防寒ジャージ、ベンチコート、帽子、カイロもいります!

観光で来ている人は、軽装で登っている人もいますが、吹雪いている時は無理かも

(上)ロープ―ウェイ乗り場には、自動販売機がある程度。

暖が取れる準備をしてくれています。

トイレもリフォームされて綺麗になってて使いやすい。

ロープ―ウェイの料金は?

⇑⇑⇑ これは霧氷。風が強くて枝に氷ができた状態!

これをみると感動しますね(雪知らずの大分県民だからかも)

【往復料金】 大人:1600円  子ども:800円

【運転:出発時間】30分毎、20分毎と観光客の人数に合わせて変えているようです。

別府鶴見ロープ―ウェイってどこにあるの?

やまなみハイウエイの途中にあります。

山道なので別府から上がってくると、かなりS字カーブがつづく場所があります。

酔いやすい人は注意ですね(酔い止め必要)